【前髪が特にやばい!】産後の抜け毛・あほ毛を止める方法4つ

産後の抜け毛に悩むママさんはとても多いです。

 

中でも、前髪部分の抜け毛にお悩みのママさんが多く、

前髪は目立つ部分ですし本当に困ってしまいますよね。

 

そこで今回は、そんな困った産後の前髪の抜け毛の原因や対策法について

見ていきたいと思います。

Sponsored Link

産後に起こる「前髪の抜け毛」の原因は?

産後の抜け毛の原因としては、まず、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。

 

妊娠中には「エストロゲン」や「プロゲステロン」といった

女性ホルモンが多く分泌されているのですが、

出産後、これらのホルモンの分泌量は急激に減少します。

 

このプロゲステロンとエストロゲンは髪の毛の成長と脱毛のサイクルに関係しています。

プロゲステロンには髪の毛を増やす効果が、エストロゲンには生えた髪の毛を脱毛させる効果があるのです。

 

妊娠中には、非妊娠時とは異なり、プロゲステロンの分泌が維持された状態が続きます。

そのため、髪の毛は、抜けにくく、生えにくい状態となっているのです。

この働きは髪の毛だけではなく、すべての体毛に影響しています。妊娠中、おなかに毛が生えてきたり、腕の毛が濃くなったり・・・という変化を感じた方は多いのではないでしょうか。

 

妊娠中に増えた髪の毛は、産後、エストロゲンの分泌が再開されると、一斉に抜け始めます。

これが、産後の抜け毛の原因なのです。

 

実は、「エストロゲン」には髪の毛を成長させる働きが、

「プロゲステロン」には髪の成長を維持する働きもあり、

産後に分泌量が減少することによって、

一時的にこれらの働きが弱くなってしまうのです。

 

さらに、産後は睡眠不足やストレスが溜まりやすく、

頭皮の血流が悪くなってしまうことも重なって、

髪がうまく育たずに抜け毛が多くなってしまうというわけです。

 

また、前髪というのはもともと毛根の深さが浅く、

血管が細く少ない部分であるため、髪へ栄養が届きにくく、

ダメージが真っ先に出てしまいやすい場所とされています。

 

そのため、産後の抜け毛では、特に前髪に悩む方が多いのですね。

Sponsored Link

産後の抜け毛でハゲ(円形脱毛症)ができる?

 

産後の抜け毛は生理的なもの。個人差はありますが、産後3か月から8か月のころがピークです。

これまでにお伝えしてきたように、妊娠中に増えていた髪の毛が、産後に一斉に抜け落ちているだけです。

 

ですので、「ハゲ」になるまで、髪の毛が抜け落ちてしまうことはありません。

一時的なものですので、必要以上に不安にならなくても大丈夫です。

 

ですが、円形の「ハゲ」がある場合には、円形脱毛症が疑われます。

円形脱毛症は、一時的な強いストレスがある際に出る症状です。

 

もし、「円形脱毛症かも」と思われた際には皮膚科の受診をおすすめします。

適切な治療により、改善できますので、必要以上に不安にならなくても大丈夫ですよ。

産後に気になる前髪の抜け毛はどうしたら良いの?

個人差がありますが、産後にホルモンバランスが戻るまでには、

だいたい1年間かかるといわれています。

 

そのため、抜け毛も1年ほど我慢をすれば、

自然と落ち着いてくることがほとんどです。

 

ですが、上述した通り、抜け毛には睡眠不足やストレスも関係しているため、

産後1年を過ぎてもなかなか抜け毛が改善しない場合もあります。

 

その場合には、女性ホルモンと似た働きをする「大豆イソフラボン」を含む食べ物

を積極的に摂取したり、赤ちゃんをパパなどに預けて

心身ともに休ませてあげる時間をつくるなどの工夫が必要となります。

 

また、あまりにも抜け毛が気になる場合には、

育毛剤を使うのも手です。

 

育毛剤の場合にも、女性ホルモンの代わりとなる働きをしてくれる成分が含まれている商品を選ぶのがおすすめですよ。最近では産後の薄毛に特化した育毛剤もあるようですので、いろいろと探してみて下さいね!

Sponsored Link

産後の抜け毛を止めるオススメ食材

お伝えしてきました通り、産後の抜け毛には、ホルモンバランスが関係しています。

ですので、産後の抜け毛を止めるためには、ホルモンのバランスを整える必要があるのです。

 

ホルモンバランスを整える方法は、十分な休養と、しっかりと栄養をとること。

とはいえ、赤ちゃんがいて十分に休養をとるということは、少し難しいかもしれませんね。

 

赤ちゃんのお昼寝に合わせて、お母さんも一緒にお布団で休んでください。

ほんの10分、20分でも良いのです。ぐっすり寝た、という感覚がなくても、目を閉じているだけでも、からだは十分に休んでいます。

 

また、産後の抜け毛には食事も大切。

ホルモンバランスの改善に欠かせない栄養素は、女性ホルモンの分泌を促すたんぱく質。

 

たんぱく質を多く含む食品は

 

・鶏のむね肉、ささみ

・牛肉の赤身

・豚のヒレ肉

・まぐろの赤身

・納豆

・もめん豆腐

・豆乳

・チーズ

・卵

 

があります。

市販のプロテイン飲料も効率的にたんぱく質が接種できますので、おすすめですよ。

 

たんぱく質をしっかりと食べるようにすると、おなかにたまりやすく、空腹感を覚えにくくなるので、自然とダイエットにもなります。 おやつにチーズも良いですね。

 

産後の抜け毛も止めてくれて、なおかつ、ダイエットにもなる。

たんぱく質は、嬉しい効果がいっぱいなのです。

 

また、産後の抜け毛には毛根も関係しています。

毛根が傷ついてしまうと、元気な髪の毛が生えにくくなります。

ですから、シャンプーの際には、爪をたてない、ブラシは先が柔らかく、クッション性のあるものを使用し、毛根を傷つけないことも大切です。

Sponsored Link

産後の前髪の抜け毛はヘアアレンジでも誤魔化せる!

 

産後はホルモンバランスの乱れやストレスから抜け毛が起きてしまいやすく、

特に前髪は、他の部分よりもダメージを受けやすいということが分かりました。

 

産後の抜け毛は1年ほどで落ち着くことがほとんどですが、

前髪は目立つため困ってしまいますよね。

 

そんな時におすすめなのが、

頭頂部あたりから髪を持ってきて前髪を厚めにつくってしまうことです。

 

こうすることで薄毛を誤魔化せるのはもちろん、

生えかけの短くツンツンした髪の毛を隠すこともできますよ。

 

または、思い切って前髪を全部アップにしてしまったり、

サイドに分けておでこを出すスタイルにしてしまうのも、薄毛が気にならなくなります。

 

鏡の前でいろいろとヘアアレンジを研究してみたり、

美容師さんにアドバイスをもらったり、抜け毛が目立たないようにカットしてもらうのも良いでしょう。

 

抜け毛の時期を工夫をして乗り切り、上手に産後の前髪と付き合えると良いですね♪

どうしよう!産後の毛質変化やあほ毛のツンツン!

出産後、「髪質が変わった」「あほ毛がヒドイ」など髪の毛の変化で悩むママさんは多いです。

私もその一人で、出産を2回経験しましたが2回とも産後のあほ毛に悩まされました。

 

あほ毛という名前も間抜けな感じですが、頭のてっぺんや生え際からツンツンと飛び出たあほ毛は髪をセットしてもまとまらず、見た目も間抜けな感じですよね…。

 

出産前はクセがなく艶々な髪だったのに、出産をするといつの間にかキレイだった髪がパサパサになってあほ毛が飛び出している…。

 

今回はそんな産後の毛質変化やあほ毛の原因と対策をご紹介したいと思います。

Sponsored Link

産後に髪質が変わる原因は何?

 

どうして産後に髪質が変わったりあほ毛ができたりしまうのでしょうか?

考えられる原因は3つあります。

 

  1. ホルモンバランスの乱れ

産後はホルモンバランスがとても不安定な状態になります。

出産をすると妊娠中に必要なホルモンが一気になくなり、母乳を出すためのホルモンが急増します。

 

体の中ではめまぐるしいホルモンの変化が起こっているのです。

そして産後は髪を美しく艶々にするホルモンが少なくなっているので、

髪がパサつきやすくなり抜け毛が多くなります。

 

抜け毛が多いと抜けた分が生えてきたときにあほ毛がツンツンとでてきてしまうんです。

ホルモンバランスは髪に大きな影響を与えているのです。

  1. 栄養不足

これは母乳育児をしているママに多いのですが、母乳で栄養を取られてしまい髪に必要な栄養が不足しているため髪に影響している可能性があります。

 

髪は亜鉛、銅、鉄、ビタミンB群、ビタミンE、たんぱく質などの栄養が不足すると毛根が飢餓状態になり髪質が悪くなったり抜け毛がひどくなります。

 

栄養不足で影響するのはまず髪です。

体にとって生命維持に一番関係無い部分が髪なので髪質が変わったり、抜け毛が多いときは栄養不足が原因かもしれません。

   3.  ストレス

産後は赤ちゃんのお世話が始まり、生活が一気に変わります。

睡眠不足の生活で常に赤ちゃんのことを考えなくてはならず、知らず知らずのうちにストレスをためてしまいます。

 

ストレスは体を緊張状態にさせるので、筋肉が固まり毛細血管が収縮します。

そうなると頭皮の血流が悪くなり髪に栄養がいき届かなくなります。

 

栄養不足の毛根からはキレイな髪は生えてきません。以上のことが産後に毛質変化やあほ毛になる原因です。

Sponsored Link

産後の毛質変化やあほ毛を改善する方法!

では、産後の毛質変化やあほ毛を改善するにはどうしたら良いのでしょうか?

改善方法を2つご紹介したいと思います。

 

改善方法1:まずはたんぱく質を摂る!

産後は栄養バランスが崩れてしまいがちですが、赤ちゃんのお世話で忙しいママはバランスの良い食事をするのも大変ですよね。

 

そこでオススメなのは髪に必要な栄養素であるたんぱく質を摂ることです。たんぱく質は髪をつくる材料になる栄養素なので、積極的にとることで髪の栄養不足を改善します。

 

たんぱく質は魚、肉、卵、乳製品、大豆などに多く含まれています。チーズやヨーグルトは母乳育児で失われがちなカルシウムも摂れ、しかも良質なたんぱく質も豊富なのでオススメです。

 

ヨーグルトだとカロリーも低いのでたくさん食べても罪悪感がないですよね。 

改善方法2:頭皮に優しいシャンプーを選ぼう!

産後の頭皮は敏感で、特に生理が再開するまでの時期は産前に使っていたシャンプーでも思わぬトラブルが起きてしまいます。

そこで産後は頭皮に優しいシャンプーを選ぶことをオススメします。頭皮に優しいシャンプーは、ヒアルロン酸やコラーゲンが配合された保湿力の高いものが良いでしょう。

頭皮の保湿を高めてあげることで、抜け毛やパサつきを防ぐことができます。市販のもので良いので、ぜひ自分に合ったシャンプーを選んでみてください。

 

まとめ|産後の抜け毛・あほ毛を止める方法

産後は身体的にも精神的にも大きな変化が表れる時期です。

対策としては

①タンパク質中心へ食事改善

②ストレス解消に運動や趣味時間など

 

しかし産後の抜け毛やパサつきなどの毛質変化は一定期間だけのものなので、期間が過ぎれば徐々に改善されていきます。

髪にとってストレスは大敵なのでストレスを感じすぎずにしっかりケアをしていくことで毛質変化を改善していきましょう。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ