義母や夫がイヤ!?産後のガルガル期の乗り越え方

 

出産前までは全然平気だった義母。

なのに、産後はイライラして赤ちゃんを抱っこさせたくない気持ちになってしまった。

わたしって鬼嫁?

 

出産後、夫に触れられることがイヤ、

何をしていても夫にイライラしてしまう!

これってなんで?

 

そんなことはありませんか?

自分でもどうしてなのか、その理由がわからなくて、自分の気持ちに振り回されてしまって疲れているママもいますよね。

それ、産後のガルガル期、なのかもしれませんよ!

Sponsored Link

 産後のガルガル期ってなに?

 

自宅で、犬や猫を飼っていて、出産に立ち会ったことがある方はわかるかと思うのですが、動物のメスは出産後、子どもに触れられることを嫌がりますよね?

ガルルルル・・・と威嚇してきます。

 

動物たちのそんな状態と同じことが、人間のわたしたちの産後にも起きているのです。

その状態を「産後のガルガル期」と呼ばれています。

 

命がけで生んだ赤ちゃんが、危害を加えられないように、とられたりしないように、つい威嚇したい気持ちになるのです。

 

れは、赤ちゃんを大切にしたい、守りたい、というママたちの思いの裏返し、でもあるのです。 

 産後は義母にガルガルしちゃう!そんなときは?

 

産後のガルガル期、威嚇のターゲットになりやすいのは義母。

 

生まれた孫がかわいいのはわかるけれど、ずっと抱っこしっぱなしは、ちょっと何なの!?と思ったり。

産後はとにかく疲れているので、休みたいのだけれど・・・。

義母が来ているから、ゆっくり休むわけにもいかず、早く帰ってくれ!っていうか、

出産経験があるならわかるだろ!気を使ってくれよ!とイラっとしたり。

 

授乳したいから退室してくれ、とお願いしているのに「見たい!」と居座ったり、

「まだ終わらない?」とのぞいてきたり。カンベンしてくれよ~!と言いたい!

 

こんな体験がある方もいらっしゃいますよね。

 

義母のこれらの行動に、けして悪意があるわけではなくて、すべては孫がかわいくて仕方ない、一瞬たりとも目を離したくないといった愛情の気持ちの裏返し。

産後は疲れているだろうから、手伝ってあげようかしら、という親切心からの行動であったりもします。

 

 

対処法は、自分の気持ちを正直に話すことと、ルールを決めること。

気持ちはうれしいけれど、頻回な訪問は、自分も赤ちゃんも疲れてしまうこと、

産後は気持ちが不安定で、人と話すこともストレスを感じやすいことを正直に伝えましょう。

 

1週間に1回、〇時間まで、訪問のときは必ず電話をしてから、などルールを決めるのも手ですね。

自分から言いにくい、という方は旦那さんを通してお伝えしてみましょう!

夫にさえもガルガルしちゃう!どうしたら仲良くできる?

 

出産をすると、ママの生活は180度変わります。

自分の時間なんて持てないし、夜も授乳があって眠れない。

 

本当にくたくたなのに「ご飯まだ?」の声。

ごろっと寝ながらゲームしている姿に「そんな暇があるなら、赤ちゃんをあやしてよ!」と思ったり。

 

どうして男性って自分のことしか考えてないの!?

とイラっとした経験は、産後のママなら一度はあるはず。

 

それはね、男性は「気づく」「察する」ことが女性と比べてニガテなんです。

女性なら「言わなくてもわかるだろ!」ということも、男性は「言ってくれないとわからない」のです。

 

ですので、ひとつひとつ、どうしてくれたらうれしいのかを、丁寧に話しましょう。

大切なのは、「やってよ!」と命令調で怒るのではなくて、「やってほしいな」と、穏やかにお願いをすること

 

「ご飯まだ?」と言われたら

「赤ちゃんのお世話をしながらだから、思うように進まない。手伝ってほしいな、もう少し待っていてほしいな。」

と、お願いしてみたり

 

赤ちゃんが泣いているのにゲームをしているときは

「赤ちゃんが泣いているけれど、わたしは手が離せないから、あなたがあやしてほしいな。」

 

と、ひとつひとつお願いしましょう!

 

男性もできることが増えれば、言わなくても気づいてやってくれるようになりますよ!

 

 産後のガルガル期は、生理が再開するころには落ち着くという体験談が多いです。

自分の気持ちを正直に話して、理解を求めながら、乗り越えていけると良いですね!

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ